鳴門ウチノ海総合公園(四国九州R-1最終番)

HYMER.LIFEで行くところといえば、必ず公園が挙げられます。この企画旅の最後のお話も公園で締めたいと思いますよー。 ホテルをチェックアウトしたあと、子どもたちをたくさん乗せて、みんなで公園に遊びに来ました。聞くと、 […]

道の駅うずしお(四国九州R-1第37番)

あのねえ、これは絶対に行っておいた方が良いって。それぐらいオススメ。もうねえ、明石海峡大橋で淡路島に渡る人が多いと思うんだけど、そこで淡路島に到着した気持ちになってしまって、ハイウェイオアシスもあることだし、そこで淡路島 […]

淡路島南パーキングエリア(四国九州R-1第36番)

悔しい思いを「びんびや」の美味しい食事でなんとか乗り切って、ようやく今夜の宿探しへ。結局、徳島県内で鳴門近くではみつからず鳴門大橋を渡って淡路島まで戻ることに。 橋を渡ってすぐのところにある淡路島南パーキングエリアにやっ […]

びんびや(四国九州R-1第35番)

鳴門というのは四国ですし、四国ではうどん県が有名なのと、淡路島から橋を渡ると四国の北東に上陸するという位置的な思い込みから、鳴門は香川県だと思いがちなのですが、実は徳島県だったんですね。(知ってるって?) お友だちとの旅 […]

鳴門公園で暇つぶし(四国九州R-1第34番)

鳴門に来た理由は、お友だちとの旅行に合流するためです。全部で10家族は集まろうという旅行なのですが、前から予定は決まっていました。けれど、どこへ行くかは決まっていませんでした。 「九州に行ったあとに、すぐにまた出かけなき […]

うどんアゲイン(四国九州R-1第33番)

鳴門集合なわけですよ。あ、突然すいません、今日の予定の話です。四国を通って九州へと向かった旅の終わりは、 四国アゲイン。 私たち四国に逆戻りしております。何を隠そうまた別のお友だちとの旅行に参加するわけでございます。 友 […]

鴻ノ池PAで一泊し、瀬戸大橋を渡る(四国九州R-1第32番)

夕食も美味しくいただいて明日はいよいよ四国再上陸なわけです。このまま車を走らせればあっという間に目的地の鳴門まで到着してしまいます。 夜のうちに移動するというのは車中泊旅の鉄則ですが、唯一の例外は「景色の良いところを走る […]

福山駅でお好み焼きを食す(四国九州R-1第31番)

企画旅の名前が「四国九州」と冠うってるのに、ここ数日がなんとも中国地方の話題で恐縮でございます。さて、お腹がすいたというお話のつづき。 広島県にいて何を食べるかというと決まっています。お好み焼きです。 ばくだん屋という選 […]

福山サービスエリア(四国九州R-1第30番)

前にも立ち寄ったことのある福山までやってきました。夕方からずっと走って広島県は福山市です。時間がもう少し早ければ、しまなみ海道を通って四国へと渡りたかったのですが、たぶん昼間の明るい時間帯じゃないとその景色を楽しめないだ […]

維新公園(四国九州R-1第29番)

湯田温泉でお風呂に入ってサッパリしてから、さあ今日は四国へと移動だーっと思っていたのですが。インターチェンジへと向かうメイン通りに、女将劇場の看板が。湯田温泉といえば有名なのはあの名物女将のいる常盤ですよね。一度は見てみ […]

三東SAにマイクロバス用の駐車スペースができた!(四国九州R-1第28番)

昨日、令和元年のお話を先にしたのですが、実はその前の日にサービスエリアで一泊していました。 昨夜の宿である三東サービスエリア(上り)ですが、ここは駐車場がきれいに整備されましたねえ。 トラック大型車と乗用車スペースをしっ […]

令和元年になりました!(四国九州R-1第27番)

今日は新しい元号が始まる令和元年5月1日でございます。新しい天皇陛下が御即位されますこと、そしてこの日本の国がこうして平和で暮らせることは、とても嬉しく思います。 この企画旅の名前に「R-1」というのがつけられていますけ […]

料亭しのだ〜下関でふぐを食べる(四国九州R-1第26番)

ふぐを食べましょう。せっかく下関を通るのだから。それは九州へ渡る前の日のこと、朝から壇之浦パーキングエリアで休憩したときに計画していました。 「帰りは下関でふぐを食べたいね〜」 「そうだね〜前に通った時も下関ICで降りて […]

また四国へ戻れば良いじゃん?(四国九州R-1第25番)

それはこの企画旅が始まる前のことでした。昔の友人が四国へ遊びにいくといくのでそれに便乗することから始まったこの旅ですが… 「あのさあ、四国でうどん三昧してそのあと九州にいくじゃん?」 「あ、もう四国に寄っていくことは決ま […]

志賀島〜国民休暇村(四国九州R-1第24番)

「わーお!思ってたよりも立派な施設じゃん!」 福岡の志賀島といえば離れ小島の端っこ。その国民休暇村はその島の中でも最北端といっていいほど先の先。あまり期待していなかったのですが、なかなか立派なところでした。 とても広くて […]

金印〜漢委奴国王印(四国九州R-1第23番)

江戸時代のことですが、志賀島というところで金印がみつかった、というのを子どもの頃に教科書で読んだ気がします。中国本土に栄えていた漢の時代に、日本の国に与えられた金印だというお話で有名ですね。 「これは、行ってみないといけ […]

パラダイスガーデン佐世保(四国九州R-1第22番)

「寒いっ!風呂!温泉!温泉入りたい!」 「わかったわかった」 「探して!どこかこのあたりの日帰り温泉を!」 ハウステンボスの近くには「やすらぎの館」という温泉施設があるのですが… 「今、改装工事中だって!」 4月22日オ […]

九州一の花火大会を見るはずが…(四国九州R-1第21番)

オランダ村としてのテーマ性にこだわって作られたハウステンボス。その話題も手伝って開設当初は来場者数も順調に増えたものの、数年で見向きもされなくなる。そしてテーマ性が崩れ始めることが批判されてさらに落ち込む。 運営主体がH […]

ハウステンボスへGO!(四国九州R-1第20番)

到着しました!ハウステンボスに。いやあ、懐かしい…といっても、ほとんど覚えていない…前に来た時は、JR九州のハウステンボス号に乗ってきたことしか覚えていないなあ。 駐車場にHYMERくんを停めて、ファミマにチケットの発券 […]

嬉野温泉&みゆき公園(四国九州R-1第19番)

長崎ハウステンボスへと行くにもまだ朝が早いので、どこか他の見所もないものかと思案しておりました。 少し遠回りになりますが、近くに嬉野温泉という温泉地があります。その温泉のお湯で食べる湯豆腐が有名なんですね。その温泉で湯豆 […]

さて、明日はどこへ行きましょう?(四国九州R-1第18番)

マリノアシティで遊んだ後、新幹線で帰る友人親子とも別れを惜しんで博多駅まで送り届け、さて明日から何をしましょうねえ〜とそこから予定を考えるというまさにノープランな旅。これこそHYMER.LIFEの醍醐味です。 「さあ、こ […]

リトルプラネット〜マリノアシティ福岡(四国九州R-1第17番)

HYMER.LIFEの旅をしていて特に思うことですが、キャンピングカーでの旅行をするにしても、家族旅行にしても、家族だけで旅をすると広がりがなくってワンパターンになってきますね。 今回、四国九州R-1の企画旅ではいろんな […]

サザエさん通り(四国九州R-1第16番)

サザエさんといえば、世田谷にあるサザエさん通りが有名ですが、なんと福岡にもサザエさん通りがあるのです。 HYMERくんの旅では、大きな車が停められる駐車場に困りますが、停められる可能性を考えると市街地から湾岸部へと近づい […]

基山パーキングエリア(四国九州R-1第15番)

筑紫野温泉アマンディですっかり綺麗になった私たちは、そのまま国道3号筑紫野バイパスでもって南へと向かいました。今夜の良い宿泊先を見つけたからです。 基山と書いて「きやま」と読みます。基山PAを今夜の宿泊地にしました。ここ […]

九州は家族風呂の聖地〜筑紫野温泉アマンディ(四国九州R-1第14番)

とりあえず、今日の日帰り温泉を探そうということになった私たち。 というのも九州地方は家族風呂の施設が多いのが特徴なのです。みんなで入る貸切風呂の方が子どもがいると余計に気を使わなくて済むんですよね。 少し探すだけで、見つ […]

KURIOS福岡公演(四国九州R-1第13番)

さてさて、この旅のメインテーマがやってきましたよ〜 福岡に何度も来ていた理由というのが、このKURIOSを見に来ていたというわけです。それで河太郎でイカを食べたりしていたんですねえ。なんとも名古屋の次に福岡だったというわ […]

壇之浦パーキングエリア(四国九州R-1第12番)

壇之浦レポートで有名な壇之浦パーキングエリアですが、とくにパーキングエリアに思い入れがあるわけでは無くて、関門海峡を見たかったのですね。もっとも狭いところでたったの700メートルしかないという海峡を、毎日500隻の船が往 […]

佐波川SAで一泊。(四国九州R-1第11番)

四国編も終わり次は九州へと向かいます。坂出の日帰り温泉を出発したのが夜の7時過ぎだったので、あと残りの3時間ぐらいは走ることができます。瀬戸大橋から3時間ノンストップで九州へと向かうとすると… そうですね、だいたい山口県 […]

うどん3軒目は山下うどん(四国九州R-1第10番)

さあ、もう2軒も食べたしうどん屋さん巡りもなかなか大変でしょう?と思いきや、 「もう一軒、行きたいな」 うーん。まあ、まだ友人一家は2杯しか食べてないから、もう一杯ぐらいは確かにまだいけるかも。しかし、今から行くのに時間 […]

この近くでもう一軒、うどん屋を探せ!(四国九州R-1第9番)

「もう、時間が無い!」 うどんバカ一代を食べ終わってすぐに移動するわけですが、移動している間にお店はどんどん閉まっていくわけで。 「すぐに駐車場に戻って、次を探そう」 「次はどこにしよう?」 もはや、あらかじめピックアッ […]

うどんバカ一代ふたたび(四国九州R-1第8番)

落雁をつくる体験教室の近くにうどんバカ一代といううどん屋さんがあります。もちろん私たちのお気に入りのうどん店です。 一番最初に教えてもらって冷やかけを食べた時の、あの感動は忘れられません。冷たいダシの深みというか初めての […]

落雁づくりへ。ところで、うどんは食べた?(四国九州R-1第7番)

「そろそろ、このあたりで右折じゃない?」 「ああ、そうだね」 とまあ、いつもの調子でHYMERくんをあやつるように。もう3年目に突入してこの大きな車体を運転するのもずいぶんと馴れたもので、少しぐらい細い住宅街でも入ってい […]

うどん県は食べるだけでは無い(四国九州R-1第6番)

たぶん私たちだけの旅だったら、絶対に来ていないところです。まさかこんなに面白いことが、ココうどん県で行われていたとは知るはずもありません。 なんという「おもてなしの国、日本」すごいものを見せていただきました。 「中野うど […]

うどん本陣「山田屋」(四国九州R-1第5番)

さて、始まりましたよ、四国うどん紀行。まずスタートはうどん本陣山田屋さんです。という私たちも初めてのお店です。なぜかというと、あまりに有名過ぎて足が向かなかったというわけ。 水どう四国八十八箇所でも出てくる有名店なわけで […]

hymer.life班は津田の松原SAへ(四国九州R-1第4番)

友人一家は淡路島のウェスティンホテルに宿泊しましたが、私たちhymer.life班はそのまま民族大移動ともお引越しとも言えるテレポテーションを敢行しました。淡路島から鳴門海峡を越えて、徳島から香川県へと入国し、前泊するに […]

じゃ明日の朝は山田屋さん集合ね〜(四国九州R-1第3番)

さて、四国九州R-1の旅が始まりましたよ。どうですか皆さん、むちゃくちゃでしょう?博多へ行くのに四国を通ってくというんですよ。寄り道もいいところじゃありませんか。 しかしそういうムチャブリされると…燃える闘魂に火がつくわ […]

淡路島で火の鳥ナイトウォーク(四国九州R-1第2番)

町おこしと言いますか体験型アトラクションとでも呼ぶのでしょうか、いろいろな工夫がされていて「おもてなし」文化も進んでいるようです。 淡路島の北側にハイウェイオアシスがあるのは昔から知っていましたが、そこでなにやらアトラク […]

うどん県に初めて旅した人アルアル(四国九州R-1第1番)

讃岐うどんで有名な香川県ですが、映画UDONでさらに有名になった上に、2011年には県名をうどん県に変えてしまうという…どこまでも手の込んだことを!(TRICK風に) そんな「うどんの聖地」で有名であるが故に、日本中の旅 […]